生命保険、損害保険の保険金の請求に関しては商法で定められており、基本的には3年というのが請求可能期間ということになります。
これは一般に公的年金の請求が5年である、ということと比較しても多少短めである、という認識を持つ人もいます。

 

しかしながら基本的な商法では元々2年が請求期間と定められております。これがなぜ3年なのかというと、例えば保険金の対象なる被保険者が死亡した場合であっても請求者が被保険者の加入状況を把握できていない、という事象も発生している為、それを鑑みて3年という猶予期間を設けています。

 

保険金請求は人によってはこれではおりないのでは?と考えて請求しない人も稀にいるようですが、請求するのは無料なので少しでも疑問に思ったことはしっかりと保険会社に確認することをお勧めいたします。自動車保険の比較・見直しはこちらのホームページ

 

保険会社によっては申請して1週間程で保険金を受け取れるケースもあり、金銭の工面が急務になっている場合などは非常に強い心の支えになってくれるものなのです。
まず大切なことは自分の大切な人がどういった保険にはいっているのか?どういうケースで受け取れるような保険なのか、といったことを把握できないまでも誰に聞いたらいいのか位は理解しておきたいものです。

 

006241
被保険者がなくなってしまった場合は預金口座も凍結されて引き落としができなくなりますし、その場合に早急に金銭の手助けをしてくれるものなのです。