加害者請求の場合

自賠責保険における保険金の請求には、被害者の側からの請求する場合と、加害者の側から請求する場合の二通りの請求があります。自賠責保険ではどちらに過失があるかに関係なく、怪我をした側が一律に被害者、怪我をさせた側が加害者となります。たとえば、自分から追突して怪我をした場合、追突された側が加害者となり、追突して怪我をした方が被害者となります。つまり、自賠責保険の考え方の基本は、過失の有無ではなく、怪我をした側を救済するのが主目的だということです。

しかし、これでは加害者側は納得しないことでしょう、そこで先の例のように明らかに加害者に過失がない場合は、加害者請求を行うことができます。手順としては、まず加害者は怪我をした被害者に賠償金を支払います。その後その支払った保険金を自賠責保険の会社に請求して返してもらうわけです。

このような加害者の側から保険金を請求する場合、注意しなければならないことがいくつかあります。まず、請求の際に被害者からの領収書が必要ですので領収書を書いてもらうことを忘れないようにしましょう。2つ目に請求できる期間が決まっています。それは被害者に賠償金を支払ってから2年以内です。それを超えると請求できなくなりますので注意しましょう。