時効の中断手続き

自賠責保険では被害者請求への補償に対して、有効期限を設定しています。
自動車損害賠償保障法改正の影響で事故発生日がいつかによって有効期限の長さが異なるのですが、平成22年3月31日以前に発生した交通事故については2年間、平成22年4月1位日以降に発生した交通事故については3年間となっています。なお、この2年間と3年間の起算日については補償対象となる損害によって異なりますので、注意が必要です。死亡及び障害による損害の補償であれば事故発生時が起算日になりますが、後遺障害による損害の補償であれば症状固定日が起算日となります。
ですが、被害者との交渉が長引いたり、諸処の事情などによって有効期限内に被害者請求を実施することが難しい場合もあります。その際は、有効期限内に自賠責保険会社に対して手続きを行うことで有効期限切れになることを防ぐことが出来ます。実際の手続きとしては、まず申請理由を記載した中断申請書を作成し、自賠責保険会社へ提出をします。申請内容に問題がなければ自賠責保険から承認書を受け取ることができ、この承認書に記載されている保険会社が認めた期日まで被害者請求の有効期限を延長することができるのです。