被害者請求の場合

交通事故に遭った後、一定の期間が経過すると損害賠償や保険金などの請求ができなくなりますが、これは単に期間が経過するだけでは成立せず、相手側から時間が過ぎたことを主張された場合にのみ成立するものとなっています。
しかし、自賠責保険を請求するという場合、相手側からの主張がなくても時間の決まりがあるので注意しておきましょう。
交通事故の被害者が一定期間、損害賠償請求権を行使しないという場合、請求権が消滅してしまうため賠償を受けることができなくなります。
損害賠償請求権を行使することのできる期間については、損害および加害者を知った時から3年、 またはひき逃げなどで加害者が分からない場合、事故発生日から20年となっています。

 
損害および加害者を知った時から3年とは、事故に遭った日から3年と考えられることが多く、後遺障害が残った場合は症状固定日から3年となる場合があります。
被害者請求というのは、被害者が直接加害者の自賠責保険に請求することで、怪我の場合は事故発生日から2年まで、後遺障害が残った場合は症状固定日から2年まで、死亡した場合は被害者の死亡日から2年まで請求権が有効となっており、ひき逃げや盗難車との事故の場合も同じです。