自賠責保険の時効

 

 

自賠責保険の請求には期限があります。それは事故から3年間です。ですから事故の日から3年以内には示談をして請求しないと請求権がなくなってしまします。実は平成22年4月1日からそれまで2年だったのが3年に延びましたので、注意が必要です。今でも2年と言う記述を多く見かけますので、間違わないようにしてください。また3年間の経つと請求できなくなる事に救済策もあります。期間を2年間延長できる制度があるのです。保険会社に連絡して申請する事で、訴訟期間の間に請求権がなくなってしまわないように、失効の停止を申請できます。必要と思われるときには手続きしてください。また自賠責だけでなく、加害者に対する請求も加害者の保険会社に対する請求も同じように3年が期限となっています。ただし加害者が誰だかわからなかった場合は加害者が判明してから3年加害者が不明のときは20年となります。20年たつと加害者が不明のままでも請求権がなくなってしまいます。また通常の場合には裁判で時間がかかっても3年もかかって請求権の期限を迎えてしまう事はないので、期限の延長をする手続きをしない場合が普通である為、期限が長引いているようなら早めに手続きをする事をおすすめします。