事故発生日が平成22年4月1日前後で異なる

 

自動車事故に遭った際、被害者は加害者に対して損害賠償を請求することになります。
その際に支払われる賠償金は運転者の加入が義務付けられている自賠責保険によって支払われますが、その上限額は受けた損害の内容などによって上限が定められており、その上限を超えた場合には任意保険によって支払われることになります。
自賠責保険への保険金の請求には事故の発生日からの期限が定められており、それを過ぎてしまうと被害者は保険金を請求することができなくなります。
期限については事故発生日によって異なり、平成22年4月1日以前の場合は事故の発生日から2年間、平成22年4月1日以降の場合は事故の発生日から3年間となります。

 

もともと自賠責保険の請求期限については「自動車損害賠償保障法」という法律で規定されていましたが、平成22年に「保険法」という法律が施行され、その中で新たに規定されることになりました。
その際に、事故の被害者の権利はもっと保護されるべきとの考えから、請求の期限についても見直しが行われ、請求までの期限が2年から3年に伸張されました。
ただしこれは法律の施行後に発生した事故にのみ適用されるもので、施行前に発生した事故については、従来どおり2年間が期限となっているので注意が必要です。