車両保険の場合

自動車保険の中でも任意加入保険に属する補償内容の中には、車両保険という項目があります。この保険は加入率があまり高くはないことでも知られていますが、例えば新車である程度の価格の車両を購入して、尚且つローンの残債が多く残っている方の場合や、長く乗り続けることを希望している方の場合、一定の価値のある自動車を所有している方の場合では、万が一の交通事故などを起こしてしまった際には、必要になる補償内容になります。相手が存在している自動車事故で、相手側に大きな過失がある場合では、相手側の保険で比率によって補償されることになるために、実質上負担額は少なくて済むことがありますが、本人に過失がある場合や、単独事故などを起こしてしまった場合などでは加入していない場合では、中には莫大な修理費用を自己負担しなければならなくなります。

 

近年では補償の請求期限について改正されており、保険の請求権が発生した翌日から3年間以内に請求しなければ請求権が消失してしまうことになります。この部分は注意をしたい内容になりますが、一般的には事故を起こしてから3年間を放置しておくことはあまり考えにくい部分でもありますが、どちらにしても速やかに請求することがおすすめです。